TopMusicJapan

記事一覧(14)

The Tree Spirits ザ・ツリー・スピリッツ

LoNero ロネーロ

アーティスト名: LoNero ロネーロ国: アメリカ合衆国ジャンル: インストロメンタル / メタル / ハードロック / ロック / ギターコア日本語版HP: http://artists.topmusic.jp/lonero公式HP: http://www.lonero.net2008年にLonero(ロネーロ)はデビューアルバム「Relentless」をリリース。彼らはそのジャンルを独自に"Guitarcore"(ギターコア)と呼んだ。それ以来、このジャンルをはっきりと定義してきた。ソロとアルペジオを中心とする通常のインストロメンタル・アーティストと違い、LoNeroは定義されたヴァースとコーラスを駆使して曲の構造とメロディーを強調する。AppleとQuickTimeは「Relentless」のプロモーション・キャンペーンを1ヶ月間実行。そのおかげでLoNeroのファンが急増。このアルバムは、Discovery Channel(ディスコベリー・チャネル)、「MTV・ビデオ・ミュージック・アワード」、「That Metal Show」、BBCなど多くのテレビ番組から使用許諾の依頼を受けた曲「Loose」を収録。2010年、グラミー賞受賞エンジニアMichael Rosen(マイケル・ローゼン)によるプロデュースの荒削りなインストロメンタル・ロックンロール・アルバム「J.F.L.」をリリース。このアルバムは、「Fat Tat」と「Good Luck」でパンクの影響を示すものの、"Guitarcore"(ギターコア)というジャンルにより真正面から向き合い、独特のLoNeroサウンドを維持している。2014年、LoNeraoは伝説的ギタリストTony MacAlpine(トニー・マカパイン)の10年ぶりのソロツアーにおいて主なサポートバンドとして選ばれた。そのツアーが成功したために、2回目のアメリカツアーで再び選ばれ、全米およびメキシコで、LoNeroは一級のバンドとして認められた。2017年、最も成功したアルバム「The Defiant Machine」をリリース。アルバムは、過去100年間の戦争を主題としたインストロメンタルなパワーハウスである。Franklin D. Roosevelt(フランクリン・ルーズベルト)、Winston Churchill(ウィンストン・チャーチル)、John F. Kennedy(ジョン・F・ケネディ)、George W. Bush(ジョージ・W・ブッシュ)の歴史的なスピーチを、ピアノの間奏、手早いギターのハーモニー、ソロやテンポの変更に組み合わせた、前例のないインストロメンタル・アルバムである。このアルバムには、12分間の叙事詩聴覚旅のような曲「Burning of Ideals (a date which will live in infamy)」を収録。この曲は、Univeral Music(ユニバーサル・ミュージック)からの雑誌Guitar Playerによる初コンピレーションCDとして2017年夏リリース予定。戦争をテーマとする締めくくりとして、アルバム写真のすべては歴史的、伝説的なU.S.S. Hornet(アメリカ海軍の航空母艦)で撮影された。この航空母艦は、人類で初めて月面を歩いた宇宙飛行士を運んだアポロ11のカプセルを回収し、最も多くの勲章を受けた軍艦である。リーダー/ギタリストBill Lonero(ビル・ロネーロ)はMike Mangini (Dream Theater/Steve Vai/Extreme)、Cliff Williams (AC/DC)、Simon Kirke (Bad Company)、Stu Hamm (Joe Satriani/Steve Vai)、Gigi Gonaway (Mariah Carey)などとの共演やレコーディング経験がある。彼は成功するために必要な資質を備えている。2008年にはプラチナディスク獲得バンドSteelHeart(スチールハート)のメンバーだった。つまり、LoNero(ロネーロ)は、自分流に音楽を作りたい4人の男達のバンド。古い殻を破って新しいことに挑戦する。音楽が、ただ販売する商品でなく、旅でもあった時代へ戻る。音楽が、コンピューターに保存された細かなデータではなく、完全なパッケージであった時代へ。バンドメンバー:Bill Lonero (ビル・ロネーロ): リード/リズム/ハーモニー・ギターJ.R. Manalili (ジェイ・アール・マナリリ): リズム/ハーモニー/リード・ギターMike McKaigg (マイク・マッケイグ): ベースWill Sharman (ウィル・シャーマン): ドラム

mH26 (エムエイチ26 )

アーティスト:mH26国:フランスジャンル:エレクトロ・ポップ、ラウンジ、アンビエント、クラシック、シャンソン日本語版HP:http://artists.topmusic.jp/mH26公式HP:http://www.lemurmuredesanges.com/mh262017年6月にパリのレーベル Le Murmure des Anges (ル・マームル・デイズ・アンジュ) からリリースされた「I From Beyond」は、クラシック、エレクトロ・ポップ、ラウンジ、フランスのシャンソンなど、異なるジャンルを組み合わせたオリジナルなコンセプト・アルバム。mH26 (エムエイチ26) は、我々の現実を理解するために別世界(遠くにあるのか、自分の中にあるのかわからない世界)から来た。宇宙の始まりと共に生まれた mH26は、今まで楽しんできた完璧で秩序ある宇宙しか知らないようだ。しかし、こんなに無謀な彼女でも、人々が天に向かって唱える呪文に気を引かれた。彼女の心の底に深く響く、このはるか遠くの振動に興味をそそられて、彼女は天の川を渡って来た。そして地球に降り立つと、謎めいた洗練された女性へと一時的に変身。あふれ出てくる感情に魅了された彼女は、やがて一瞬の魔法に身を任せる。認識の限界への片道の旅「I From Beyond」は、彼女の感情を輝かしく証言したもの。サイバネティックで神秘的なmH26は、地球と宇宙からの不思議な声を用いて、我々の認識の限界に現れる。その天使のような声は意外な抑揚で転調し、魅惑と困惑を同時にもたらす彼女本来の感情をあらわにする。人間の強さと幅広い感情に魅了された彼女は、自分を捨てて夢中になる決心がつくだろうか?そして我々は、このひそかな出会いからより良い未来を想像できるだろうか?